Welcome to my blog

平常心是極楽気分

Article page

スポンサーサイト

Category - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category - スポンサー広告

ふぞろいな秘密

Category - 読書
なんか盛り上がってる石原真理子。

ワイドショーで取り上げた芸能人本で、心から読みたいと思ったのは初めてだ。

ふぞろいな秘密 ふぞろいな秘密
石原 真理子 (2006/12/06)
双葉社
この商品の詳細を見る


木曜の朝、普段より10分早く家を出て銀座駅の本屋に寄った。

  売り切れ・・・

会社ビルの中の本屋にも開店直後に駆け込んだ(仕事してるバヤイじゃない)。

  売り切れ・・・

昨日発売だったはずなのに。マリコ恐るべし!

Amazonチェックしたら、すでに在庫なし。
レビューには「作者知らないし」なんてコメントもあって
時代の流れをしみじみ感じてしまった。
(9日深夜時点でAmazonみたら、入荷予定になってた)


ふぞろいな林檎たちははなまま世代にとってはバイブルとも言うべきドラマだったはず。私はコレで「決して三流大学には行くまい」と必死に勉強したものだ。女子の間では、てづ派(手塚聡美派)といし派に別れて、どっちの生き方がいいか議論したものだ。なぜか役名で呼んでなかったのは、女優である彼女達を友達扱いしていたからだと思う。

ドラマで手塚聡美が着ていた洋服が、たまにIGUREGというデザイナーズブランドのもので、実は私はIGUREGたくさん持ってたからお揃いってことも何度かあった。

中井貴一は、私の理想のオトコである。彼のデビュー映画「連合艦隊」から好きだった。昔から「好きなタイプは?」って聞かれたら迷わず中井貴一と中畑清の名前を挙げている。

石原真理子は、あの当時太眉流行った最先端で、時代の顔だったはず。私だって眉毛ぶっとい時代があった。
そんなマリコの自叙伝、ほっとくわけがない!



午後になったら本を買えない焦燥感からか
悪寒がしてきた。なんか気持ち悪いし、早退した。

具合悪いながらも銀座の旭書店に寄りチェック。

  5冊入ったが売り切れ、版元で増刷するかは不明と言われた。

もしかしてBook offに出てるかも、なんて考えながらも症状悪化。
早く帰って布団に入りたい・・・

ほとんど諦めて、地元の本屋に寄った。あった、最後の一冊。
買った。




感想はひとこと
  マリコちゃん、ご苦労だったね。  ・・・です。

でも、ところどころ昔を偲ぶ記述があって、たとえば六本木「トゥーリア」のことなんか、すっかり忘れてたことを思い出させてくれた。
はなままは、あそこのオープン前にバイトの面接に行ったんだったでした。大学も決まってたから学校帰りにバイトするにかっこいいしちょうどいいと思ったんだったです。まだ内装やってる段階で、コンクリートのフロアに鉄骨散乱の中、怪しいおっさん達に履歴書渡したんでした。終電で帰りたいって言ってしまったし、ほとんどオーディションみたいな感じで歩いたり回ったりとかさせられて、一緒に面接に行った友達と気後れを感じたのだったです。不採用になったから「こんな店つぶれてしまえっ」と悪態ついて遊びに行かなかったら、大惨事で閉店してしまったので、不採用でよかったと思ったのも事実です。


そんなこんなの現在の石原真理子騒動。
大丈夫、貴女を忘れたりはしないから美しくありましょうよ、時代は変わっているのよ!とアドバイスしたいのははなままだけじゃないはず。
印税がっぽり入ったから、さっさと引いてアメリカで楽しく暮らしてくださいと祈念して止みません。


スポンサーサイト

Category - 読書

- 8 Comments

はなまま  

すずしおさんへ

真理子は1980年代で止まってましたね・・・それは遺憾~
美恵子嬢だって年齢と時代相応になってるよね、今。

いまでいう「ゴスロリ」ちっくなデザイナーズブランドは私も似合わなかったから敬遠してたけど、はなままハイスクールは私服だったから学年に3人は全身大西氏デザインの女子とかいたよ・・・私は既出のIGUREGとATELIER SABが好きだったの。泣き落としで父に買ってもらったスタジャン(袖が皮のやつ流行ったでしょ)はいまだに大事に仕舞ってあります。

はなままもアンチエイジングメニューを再構築するわ(鼻息)!

2006/12/11 (Mon) 18:14 | EDIT | REPLY |   

はなまま  

ナツコちゃんへ

あれだけマスコミが煽ってるから読みたくなっちゃうママさんの気持ちわかるわ~でもね、中身はあまりないというか得るところは何もない本なのよ。30分で読み終わっちゃうから、はなまま文庫開放もしますよ~
一途なナツコちゃんには真理子の半生はぜったい意味不明だと思うな、うん。

2006/12/11 (Mon) 17:14 | EDIT | REPLY |   

すずしお  

オリーブ少女

懐かしいなぁ~。
オリーブ少女。「く○おみえこ」さんが、当時の憧れのマトでしたよねぇ~。

あの当時の洋服って凄いものがあるよなぁ~。
シュ○ーとかア○キオオニシとか、ピ○クハウスとか・・・
私は、絶対似合わないので買えなかったが(~_~;)

しかし、石原まりこさんのミニスカートと眉毛には
仰天でしたっ。

アンチエイジング励もうっと!

2006/12/11 (Mon) 15:03 | EDIT | REPLY |   

ナツコ  

この本、私の母も読みたがっておりました。
でもね、どこの本屋さんも完売なのですよね。
私も名前が出ている男性陣を見て、読みたくなりました(笑
早く店頭に出ないかな~~??

2006/12/11 (Mon) 13:11 | EDIT | REPLY |   

はなまま  

ムサシくんへ

いつも御高覧いただき、カキコ嬉しいです♪
わたしはドラマの中で女子達が己を通す場面で流れる「シャ・ラ・ラ」が大好きです。
過去をばらすってのは、己の恥を曝すことにもつながるから、一般人には理解できないことですね~ もしかしてムサシくん、ばらされては困る過去があるのですか( ・_・)σ゛ツンツン(^~^) ありそーだなー。

トゥーリアにはまだ高校生だったので、完全にオリーブ少女で行ってしまいました。周りはボディコンだらけで、はなままは場違いでしたよ(恥 あー懐かしい時代・・・

2006/12/11 (Mon) 00:48 | EDIT | REPLY |   

はなまま  

クミキャットへ

金曜日休んで寝てたら、すっかり回復しちゃった(^^)v
真理子が書いてるのは恋愛の遍歴ではなくて、ヤリ友の羅列ですね(照
前者は思い出にしてもいいけど、後者は忘れるに限る!
ま、せっかく久々にマスコミに取り上げられたのでヒールに徹してくれと応援する気持ちです。
彼女はJJの顔にもなってたし、はなままはあこがれたのよ~
今回の騒ぎで「きれいに年をとる」ってことがいかに大事か深く考えましたさ!

2006/12/11 (Mon) 00:37 | EDIT | REPLY |   

ムサシくん  

山田太一ファンとして、当時見始めたドラマ。
いまだに「いとしのエリー」を聴くと赤い林檎が脳裏をよぎる。
正直「てづ派」でしたが、
石原真理子も素晴らしい存在、
魅力的でしたよね。

でも、「過去」をバラすってのは、
芸能界じゃなくても、
明らかにルール違反です!

しかし、それよりなにより
「トゥーリア」の面接で、はなままが「不採用」ってのは、
もっと許せません。
当然面接には「IGUREG」着ていった・・・ですか?

・・・、
「トゥーリア」に「IGUREG」は・・・、
ちょっと、厳しい・・・か?

2006/12/10 (Sun) 02:23 | REPLY |   

クミキャット  

マリコはイタイよね

今更ジローの最たるモンじゃない?!
マスコミはどーして石原真理子をこんなにかまうのだろー。
書かれたオトコ達はホントに大迷惑だよね。
歌手のTさんなんてさ、うつ病患った病歴もあるのに、かわいそうに。
個人的には好きな人なので、余計に気の毒。
これで石原真理子に日本中が醒めてくれることを心から願っとります。
で、体調は大丈夫なのぅ~?

2006/12/09 (Sat) 20:15 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。