Welcome to my blog

平常心是極楽気分

Article page

スポンサーサイト

Category - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category - スポンサー広告

写真とカメラで読み解く歴史

Category - カメラ
毎日判で押したような時間の流れ方がとても心地よい。
夕ご飯で食卓から居間を眺めると、両親がソファでくつろぎフルルとコトブキが
それぞれゆったりと寄り添っている。TVの画面が「世界の車窓から」だったりすると
無上の幸せを感じてしまう今日この頃。
「せっかくの車窓なんだから本なんか読んでないで窓の外でも見れば!」
と画面に映る乗客にぶつぶつ言ったりもする。
それからお散歩に行って、帰ってからドッグダンス用の練習を少しやって、
パソコン内のすべての写真画像を整理して、お風呂入ってお肌手入れして本読んで寝る。
こんなパターンの毎日で、週に二日くらいは眠れないので(昼間が忙しいと肉体が疲れてても
精神がハイなのか不眠になる)また起きだして本を読む。・・・の繰り返し。




写真の整理をとつとつと初めているのは、これからますます増えるだろう写真をどういう風に
片づけていこうか思案してるから。その数ざっと5万枚。昔のデータは軽かったけど
それでもマイPCの残容量が10G切ってしまった。パーテーション分けてデータ用にしてる
ドライブはとっくの昔に満杯になっている。外付けHDDも用意はあるけど、なんだか
面倒くさいのでバックアップとしてはいいけど普段使いにはちょっとね・・・
先週の新聞コラムで、マイ・フェイバリットなエッセイイストさんが「銀塩時代の写真は、
たとえばフィルムが余ったからとどうでもいいシーンなんかを写してて、取材のときなんかに
アルバムひっくり返してそれらを見つけると、どうでもいいシーンがありありとよみがえってくる。
現代のデジタル写真は余剰ショットはないし、余計なものは削除できるし、タグなんかつけてれば
何十年後かに探そうとしたら目的のものを一発探し当てる。記憶に埋もれてしまったシーンを
掘り返す機会は減っていくのではないか」と、そんなようなことを軽快に書いていた。

たしかにその通りだとうなづきながらも私はすべての写真をじっくり見ながらタグをつけたり
キャプション書いてみたりしてるのだが、削除できない写真はいっぱいある。
飲みに行ったとき、旅行に行った時、そこに映っている人ですでに亡くなっている人もいる。
どうでもいいような、カメラを買った嬉しさで走る車から窓外を撮ったスナップ、その景色はもうない。
その時々に戴いたお花、その年に咲いた花、都度カメラに収めていたけどそれらはもちろんない。
そんなことを思い返しながらデータを見ていると時間を忘れて思い出に浸っちゃうんだけど
それって私がもうすぐ死んじゃうってこと?走馬灯の自己演出か?などと笑ってしまうのだ。
《とっくに食べてしまってあとかたもないケーキ》
0328-1


退屈じゃなければ続きをどうぞ。オタク系(死語?)かも。



データを過去にさかのぼると、一番古い記録が1997年となっている。
まあ!わたくしってそんな初期からマイデジカメ持ってたのね!とデジ好きなわが身を再認識する。
それまでデジタルカメラというのは、会社で使っていたフロッピーディスクに入れるやつだった。
カシオのQV10。プライベート使用では友人の結婚式で見た記憶があるだけ。

初めて自分で買ったデジカメはSANYOのDSC-X100。なんか愛称があったような気がするが
どうしても思い出せない。ちなみに「デジカメ」というのは三洋電機の登録商標なんだって☆
ファーストデジカメは85万画素ですよ。スマートメディアは8メガ!
昭和か?って突っ込みたくなっちゃうなぁ。
0328-3
このカメラはOL時代の先輩たちと苗場に行った時に活躍。それから、社会人学生として過ごした
4年間の集大成卒業旅行にも連れてった。こっちは電池がなくなって、行きの成田で終わった。
この当時の撮影データは実に簡素で、メーカー名と日付しか付いていない。

次に手に入れたのが、ちょっぴりプロ気分なSONYのDSC-F505V
0328-2
フルルをうちの子に!とブリーダー宅に迎えに行ったときはこれを持参。
普段あまり使ってなかったので肝心な時に確実な写真が撮れず・・・このカメラの機能を
きっちり使えるようになったのはフルルの日常を撮ることで覚え、昔のホームページ
「Precious HANA」の初期はこれでやってたというわけです。

携帯性が悪いことを理由に買い替えた先がSONY DSC-F77
ウィンドウズ95ではvaioをつかってたから必然的にソニーだったのね。
USBよりiリンクケーブルの方がポピュラーだったし。
このカメラはフルルのお友達はみんな知ってる、いつまでも大事に使ってたカメラです。
これの黒ね。
0328-4
レンズ部分を90度回転させると起動し、さらに180度270度と
ぐるっと回せばローアングルもモニタみながら撮影可能。そのモニターは1.8型って小さい!
記録画素は400万・・・これでも買った当時はすごかったんだよ。
コトブキが登場してしばらくはこのカメラが活躍。

その後、コンパクトデジカメは現在のSONY DSC-T2を愛用中。
発売日を待ってのお買い上げの記録は過去日記。あまりにもうれしくて一日に2本も日記書いてた。
2007.11.22 発売日お買い上げ主義ニューカメラの実力




この先を昨日からつらつら書いてるんだけど、何度もIEが落ちて(涙 
パソコン寿命かな~(滂沱の涙
もうやんなっちゃったから続き(デジイチにはまる話)は別途にした。
締まりが悪い文章で(;一_一)
スポンサーサイト

Category - カメラ

- 2 Comments

はなまま  

うにこりさんへ

私のああああ~~~~となる写真は、やたらと長いセーラー服スカートの
修学旅行写真とバブル時代の短大のときの写真です。。。
恥ずかしいけど捨てられないですね

念願のデジイチ(もうわかりました?v-433)では、
まだうちの子たちの写真を作品にしてないんですよ。
上手になったら犬ポートレート専門になって写真集を!また妄想してますv-398

2010/03/31 (Wed) 21:48 | EDIT | REPLY |   

うにこり  

続き楽しみにしています

写真って処分したりできないですよね
その頃の自分、もう絶対に撮れない昔の自分をみて
メイクの古くささにああああ~~~となったり
懐かしんだり、、

カメラ、私にはよくわかりません(;;)
デジイチっってなんだろーとしばらく思ってたほど機械音痴なんです

2010/03/31 (Wed) 17:39 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。