Welcome to my blog

平常心是極楽気分

Article page

スポンサーサイト

Category - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category - スポンサー広告

友達の輪にアップル製品

Category - 未分類
味覚障害が治ったらしいので、はなままの貧血は少し改善してるのかもしれない。
最近は少ししょっぱいとか辛いとかをあまり気にしないで食事を楽しめるようになった。
ということで、今日は美容院でカラーリングした帰りにトムヤムクンソバを食べた。
お気に入りの「タイ国ラーメン・アジアンロード」は珍しく犬OKのエスニック。
昔はよくいってたんだけど、辛いものがまったく食べれなくなってから足が遠のいていたのだ。
大丈夫、完食できた!

実は今日はミエルドーナツを食べに銀座に行こうと考えてたのだが
お腹が空いてしかたなかったのだ。

お腹いっぱいになってお店をでて駅に向かって中杉通りを歩いていると
「コンニチワ~」という明るい声が。見ると、車道に停まった車のウィンドウが
空いて、にこやかな外国人が手を振っている。
一応儀礼的にこんにちわ~と立ち止まって車の中を覗き込む。顔に見覚えが
あるようなないような。
「覚えてる?」と言われたが、まったく記憶に無い。
はなまま脳みそは高速回転で記憶のページを捲り始めた。でてこない。
コトブキとのお散歩中に声をかけてきた外国人かなぁ、それとも
昔交流があったインドネシアの大富豪のお友達かなぁ?
仕方ないので「覚えてない。これってナンパでしょう?」と軽く流そうとしたけど
彼はまったく引き下がらない。「ダンナさん、どうしてる?」と聞かれる。
う~ん、これって誰にでも当てはまる会話だしなぁ。折りしも先週ほやほやの
出来事で、妹の姑さんがオレオレ詐欺に危うく引っかかるという事件があったばかり。
名前を聞いてみた。相手のほうも私の名前が出てこないみたいで、それでも
しつこく「どうして忘れちゃったの?あんなに仲良しだったじゃない」と。
そうだっけ?
名前になんとなく記憶がある。コンビニのレジの人じゃないよなー
「どこに行くの?」と言われたので正直に、銀座にドーナツ食べに行くんだけど、
と答えたら「ちょうど時間が空いてるから送ってくよ」と言うではないか。
彼の真剣なまなざしに押され、都内だし車のナンバー確認して車に乗り込んだ。
まあ、はなままって勇気あるのね!

で、走り始めてから話をして、ようやく思い出した。
さかのぼること17年くらい前、毎日のように通っていたスポーツクラブで
一緒だった友達だった。その当時のジムはとてもアトホームな感じで
サークル活動があったり、飲みに行ったり、家に大勢のマッチョマンが
遊びに来たりで楽しかった時代だったんだ。
「マイク(アメリカ人)が主催したクリスマスパーティーとかUAEからの
留学生の歓迎パーティーとか一緒に行ったじゃない。どうして忘れたの?」
少し詰め寄られて罪悪感・・・嫁時代の思い出を削除しちゃってる部分が多い。
彼は当時、極真空手のMasutatsu Oyamaからインビテーションもらって
日本で修行してたんだった。アンディ・フグとかと練習してたけど、怪我して
そのリハビリではなまま属するジムに来てたんだった。思い出した。
はなままは、貧血がひどくて入院3週間、その後スポーツ禁止となってしまったので
ジムもランニングも波乗りも全部やめて、それでフルルを飼いはじめたというわけ。

その頃の友達の話を一通り聞いて、その後の彼の人生とか、奥さんとか
娘さんの写真を見ながら、目的のミエルドーナツに到着。
はなままのことも、年月が流れて容貌だって変化してるはずなのに
よく覚えている。アタシの年齢とか誕生日とかも覚えてる。
共通の友達の消息とかもよく知っている。
なんでそんなに覚えてるのかと聞いたら彼は言った「日本で永住権持ったし
会社も起こした。それでもボクはガイジンだから。日本に来てできた友達は
たとえすれ違いだったとしても、宝物だし自分の歴史だから」と。
過去を捨てつつ生きてきたはなまま、ちょっとだけ人生観変わった。

ドーナツは美味。写真にも明るい彼ははなままのデジイチとレンズを見て
アドバイスをくれた。お料理撮りに自信がなかったけどチャレンジ。
0415-1

まあ、一通り話したらその後の展開は微妙で彼が取り出したのはiPhone。
みんな持ってるのはよく目にしているが、カメラ機能以外を目にするのは
初めて。別に欲しいとも思ってなかったし、iPad買うからいいよ、と
あんまり注目してなかったシロモノだ。
でもね、、、欲しくなっちゃった。キャリアを乗り換えようと切実に思ってる。
一通りアプリとかで遊ばせてもらって、彼のお嬢さんにお土産ドーナツ持たせて
そこでさよならした。彼のお店は近くだし(よく知ってるケバブ屋のオーナーだった)、
はなままサロンも教えたのできっとまた会うだろう。

ひとりで銀座をぶらぶら。傘がじゃまだけどデジイチ片手に持ってれば
手の冷たさも感じない。待ち歩きスナップを楽しんで休日終了。

友達、忘れないためにも、imodeは卒業!
やっぱりiPhone3G買おうと決めた夜であります。
スポンサーサイト

Category - 未分類

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。