Welcome to my blog

平常心是極楽気分

Article page

スポンサーサイト

Category - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category - スポンサー広告

闘う男、コトブキ その2

Category - 健康が一番!
木曜日の夜、病院でかなりお疲れだったコトブキ君、帰宅して嬉しそうに尾を
振り上げながらごはん完食!処方された利尿剤4錠をさっそくいただきます。
試しにフード(カリカリ)に混ぜたが上手に除けていたので口を開いて
喉の奥に突っ込み。うちの子たちは薬飲むのとても上手なのではなまま楽チンです。

服薬後30分、さっそく来た来た~ コトブキ君、外に向かって大騒ぎ
「オレ、おしっこ!」
凄くわかりやすい(^^)v
そのまた30分後にもう一度呼ばれお庭にだしてやりました。
あとは寝る時間だったので40分後、そのまた1時間後と時間を見計らって
排尿を促すんだけど眠くてそれどころじゃないみたい。

翌朝見に行ったら、かなり吐いてた。
フードの形はなかったので消化はしたみたい。
でも朝ごはんは食べた。朝もお薬飲んで午前中に数回じょー。
夜は私が帰宅するまでフードに手をつけていなかったが、顔を見た途端食べ始めた。
こういうのは普段からよくあることなので、食欲不振とは考えられない。

土曜日、吐いてる形跡はなかった。朝ごはんはまったく口にしない。
お水ばかり飲んでる。お薬飲ませたけど、おしっこしたのは午前中に
1回だけだって父曰く。たぶん見てなかったんだと思う。
コトブキ部屋がオープンになってたから自分でお庭に出入りしてたんだろうな。

コトブキ君は一日3回の食事です。普段は14時ごろランチなんだけど、
今日は検査があるので空腹のまま病院へ。




本日出てきたのはMK先生、循環器のエキスパートの先生で久しぶりに
会いました。MK先生は別のところつながりでお互いに水面下では情報の
クロスオーバーがあるんだけどそんなことはおくびにも出さず、さっそく本題に。
今日はMK先生の視点から再確認と角度を変えての検査があります。
一昨日のカルテを見ながらこの二日間の様子を説明し、
今後の方針アライアンスとるわけです。
MK先生は急に「ところで話変わるんですけど、
フルルちゃん元気ですか?」って。
フルルちゃんの仮病診断を下してくれた先生は、あれ結構インパクト大だった
とおっしゃってた(笑
あのときは私が悲嘆にくれて徹底的な精密検査を求め結果
なんでもないことが判明したんだった。
今回も同じつもりというか逆のお気楽気分で
「なんでもないよ、季節の変わり目だから」って
太鼓判押してもらいたくて病院きたのに・・・なんでこんな・・・

MK先生はお話が本当に分かりやすくて、その場でさくさく理解できるので
メモとらなかった。(これ書くためにとっとけばよかったと後悔)
本日の検査は血液検査、血液生化学検査、エコー、肝機能図るための
総胆汁酸(TBA)検査。
空腹時の血液とって、ごはん食べさせて1時間後にもう一度採血するって。
今日はまったくおまかせで、MK先生に連れて行かれるコトブキ君、
ドナドナ感たっぷり。

そんなに長いこと待たされはせずにうひょひょーとコトブキ帰還、
腎機能は特に異常なく利尿剤により胸水腹水が各1cmくらい減っていた
とのこと。全エコーでやっぱり腫瘍のかけらは見つからない。
循環器不全を引き起こすような心臓の動きはない。
なので、腫瘍説と心臓説は消えた。

ここで休憩タイム。駐車場でごはんを食べる。ぼそぼそと口にするくらいで
あまり食欲がないみたい。そうだよなーひっくりかえされて胃だって
びっくりしてるよね。ということで秘密兵器のdbf牛肉缶、パッカンと開ければ
くれくれ大王になってよだれだらだら。
食後は車の中で眠って、時間になったら先生が呼んでくれるっていうわけ。
二度目の採血もぱぱっと終わった。
これで肝臓になにも出てこなかったら、腸を疑う。
ネットでよく見かける「蛋白喪失性腸炎」。
これの確定診断は内視鏡検査によるので麻酔をかけなければならない。
こういうのは最後にしたい。
ま、これも何らかの病気が引き起こす症状っちゃー症状にすぎないんだけどね。
で、それでも原因がわからなかったらCTで腫瘍を探す。リンパのガンという
可能性もゼロではないけど、臓器に腫れはどこにも見当たらないしリンパ節も
触診では異常ないから深く悩まなくてもいいとのこと。

とにかく、水を抜く。これ以上の体内漏出を防ぐ。この2点が最優先なので
利尿剤をあと5日続ける。あと安静。
最後に質問したこと、利尿剤で何回ぐらいおしっこするんですか?コトブキは
2時間から3時間くらいで収まるようなんですけど。
あれは年がら年中腎臓に「尿を作れ」って命令してるわけじゃなくて、
だいたい服薬してから4時間ぐらいまでと考えてとのことでした。
腎臓を休める時間が8時間ぐらいあるってわけだ。
で、呼吸とか歩様とかに異常があれば休診日でも夜中でも電話することを合意。
そうそう、呼吸は時々グーと唸ってる。あとは穏やかで、コトブキ君は普段から
口を開けてはあはあすることはほとんどない。
常に口閉じてハンサムを保っているのさ。
またまた長時間のホスピタルになってしまった。途中は車の中で寝てたけどね。

コトブキ君の闘いはまだまだ続く。
今の心境としては「頼むから肝臓で決めてくれ!」かな。
投薬と生活スタイルでなんとでもなるもんね。
内視鏡はCTはできれば避けたいのが本音。どこまで進むか。

スポンサーサイト

Category - 健康が一番!

- 1 Comments

ペットblogランキング  

はじめまして。
『ペットblogランキング』と申します。
記事を拝見しコメント欄に記入させていただきました。
ご訪問いただければ幸いです。

2010/11/28 (Sun) 21:15 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。