Welcome to my blog

平常心是極楽気分

Article page

スポンサーサイト

Category - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category - スポンサー広告

闘う男、コトブキ その3

Category - 健康が一番!
その1を読み直してたら誤字があったり、薬品名に誤りがあったので訂正しました。

日曜日の朝、食欲不振でフードは半分くらい嫌そうに食べておしまい。
なので昼はなし。夜ごはんも別に~って感じで食べてたけど3分の1くらい残した。
フルルちゃんがコトブキの残したご飯を狙って台に前手をかけてつまみ食い
しようとしたら、ガフッって怒ってたので食に対する欲求はあるらしい。
怒られたフルルが興奮してヒャンヒャン騒いだので落ち着かせようと
「フルルちゃん、ついて。サークル。」とかやり始めたら、コトブキが
のたのた立ち上がってフルルを押しのけ脚側ついてサークルし始めた。
・・・いや、休んでてくれていいから(滂沱の涙)。
彼はダンスの練習が大好きで私を喜ばせようと、また一緒にやりたいと
思ってるんだとおもう。
興奮させてはいけないのでフルルちゃんの練習は2階で続けた。

利尿剤による排尿促進コントロールするためにしばらく一緒に横になってたら
コトブキの呼吸がおかしい。お腹の上下が激しくて、口閉じて鼻呼吸なんだけど
ずっと唸ってる。
心拍を測ると130~150/minくらい速い・・・それが15分ぐらい続いたので
こりゃーやばいと医療センターに電話。時間外は留守電になっているので
泣きながらメッセージを残し折り返して欲しいと告げた。
電話待ちしてる間に体勢を変えたコトブキ君、突然立ち上がって吐く体勢に
ゲホーと一呼吸。慌てて新聞紙を敷いたが何も出ずそれでおしまい。
またソファに横になったらどうやら落ち着いたみたいで呼吸も正常、唸り声も止まり
スヤスヤしはじめた。医療センターに電話して「今夜は落ち着きましたので
明日の診療時間内に伺います」と告げた。

月曜日、朝のおトイレは普段どおり、だが食欲がまったくないみたいで、
ご飯の準備をしても起き上がらず。食事台の前まで来たけどぽそぽそと
3口ぐらいで終了。ずっと丸まってる。

わたしは午前中仕事があったので出かけて、昼過ぎに帰宅したところ
頭さえあげなかった。
声をかけると目は開けるものの瞬幕が瞳に4分の1ほどかぶったまま。
唸り声と腹の上下。
口を開くと中が真っ白。
これはやばいと慌てて車のドアを開けてコトブキを起き上がらせた。
立ち上がると比較的楽になるのか、足はしっかり床についてゆっくりだが
自分で歩いて私が玄関から周ってくる間に車に乗り込んで待ち構えていた。
おでかけは嬉しいらしい。

午後の診療時間にはまだ時間があったけど駐車場にコトブキを残したまま
受付に行って症状を話した。その前にも電話しているので、すぐ診るとの
ことでコトブキを迎えに。
歩けない場合も想定したのか看護士さんが迎えにきてくれた。
ゆっくりだけどちゃんと歩く。

診察室で聴診器を当てたところ、凄くドキドキしてるのに心拍が
聞き取れないという。そのぐらい胸水が溜まってるので呼吸困難になって
いるようだ。酸素室も用意してるという。
そのまま一緒に2階の処置室へ移動。多くの先生達が忙しく働いてて、
すぐそばの手術室はガラス越しに手術の光景がみえる。病室からは
たくさんの鳴き声が洩れ聞こえてくる(泣)
みんながんばってるんだ。
手術室からMK先生が慌てて出てきてエコー。水が増量している。
胸腹下から6cmくらい。MU先生が酸素を口元にあててすぐに胸水除去の
処置が始まった。今回は局所麻酔かけて立ったままの姿勢で私の保定含めて
5人体勢。忙しいのに本当にごめんなさい。
エコーと針を固定する先生、口元で酸素入れながら状態見る先生(途中で診察の
ため交代あり)、お尻側を保定する看護師さん、シリンジをコントロールする先生。
私は首と脇保定。
手術を終えた副院長のMM先生もやってきてじっと見つめていました。
「今日は1リットルくらい抜きますよ」って、そんなに!? 私はコトブキの
右側にいたんだけど針を刺して処置するのは左側、最初は抜いた水が見えな
かったんだけどコトブキがじりじり動くので途中で溜まったビーカーみたいなのが
目に入った。真っ赤やーん!!
トマトジュースをピッチャーに移し替えたようなものになってる・・・
「これ、先週のとぜんぜん違うんですけど、、、」って言ったら
「血液成分がずいぶん流れ出ています」って。
あたしも呼吸困難になりそうになった。足はしびれてくるけど、どの先生達も
体勢をまったく崩さずにずっと処置してくれてるんですよ。はなままもがんばる。
コトブキもステイが上手。
1時間ぐらいで終了。抜いた水は900cc、まだ半分は残っているけど
肺と心臓は守られる範囲だそうだ。
腹水のほうはそのまま放置。

待合室に戻ったらやっぱり患者さんいっぱい・・・また会ったわねなんて
いわれてもちょっと辛い。大きいし目立つのでいろいろ話しかけられるけど
「ちょっと体調崩しちゃって」とかあいまいに答えて
手元のアイフォンとかをむやみにいじくりまわしたり。

あまり待たされることなく診察室に呼ばれ、検査の結果も含めカンファレンスが
始まりました。以下はまとめメモ
●一昨日の胆汁酸(TBA)検査の結果はシロ。
 肝機能は正常に働いていて健康そのものです。
●本日の血液検査で総タンパクとアルブミンは正常値に戻った。
 2回目でも回復基調にあったし。低タンパク血症の病態はクリアしてしまい、
 したがって次の検査項目に上げていた蛋白喪失性腸炎の疑いも晴れてしまった。
 内視鏡検査はなし。
●利尿剤の効果を上回るほどの胸水腹水の増量、1回目の除去物は変性漏出液
 だったが、今回はその成分に血液と細胞のかけらが含まれる「血様胸水」
 とみられる。病理検査に出すことにした。
●血様胸水中の血液量は、赤さにびっくりしただろうけど水分の3%くらいなので、
 内蔵とか血管からドバーっとダダ漏れしているわけではない。
●ただしその中に含まれるのは好虫球がやたら多い。
 補足:白血球の中には複数種の球があり、有名なリンパ球は細菌やウイルスと
 闘う戦士、好虫球は主に細菌を食べて殺す戦士だという。
●だから胸の中に炎症が起きている可能性もある。何かはまだわからない。
●最初に仮定したものがすべてクリアになってしまったので、疑いの目を
 もう一度構築。
●甲状腺に関するものか質問したら、今回のすべての病態は甲状腺機能低下
 他関連に当てはまらない。
●ここで疑わしきは
 腫瘍(エコーではまったく見えない)、
 血管炎(免疫系)、
 胸膜炎(細菌が原因)の三つになる。
●胸膜炎はいちばん可能性は低い(胸と腹両方に水が溜まるのはおかしい)が
 他の二つと違い内科疾患なので本日から抗生剤服用で安全ネットをかけておく。
 処置もしてることだし、これで水の増量が抑えられればラッキー。
 治れば病原特定で治療に専念できる。
●利尿剤は続ける。
●腫瘍についてはCTの準備を進める。先生は「CT切ってみますか?」って
 聞いてきたけど意訳すれば「CTで断層に切った写真で判断しましょうか?」って
 ことだと思いYesと答えた。
●すぐにでも実行するなら近くのキャミックがいいけど、そこではほんとにCTしか
 とらない。先生的にはせっかく麻酔かけるなら胸水腹水を抜くためのチューブを
 埋めるとか、他の検査をするチャンスがある大学病院という選択肢もあるが、
 予約とれるのが先になるかもしれない。
 大学病院をチョイス。
●いくつか候補の病院をあげてもらった。もってるCTの性能(走査線がマルチか
 シングルか)により麻酔の時間と量が格段に違うそうだ。料金は変わらないだろう
 といっていた。転院する可能性は低いので自宅からの距離は気にしないので
 マルチにしてくれと手配を依頼した。
●血管炎についても聞いたが、これの判断が一番最後になるそうだ。難しいし。
 これがでれば治療はステロイド投与になるそうだ。
●胸水の病理検査は外注なので1週間くらい待つ。その間はごはんは普通どおり、
 食べたくなければ無理させなくてよい。点滴は入れない。
●今後どのくらいのペースで水が増えるかわからないけど、
 ちょっと溜まったからといって簡単に何度も抜くわけにはいかない。
 細菌感染も心配だし。だから、今日ぐらいの呼吸困難になったら時間外でも
 なんでも受け付ける。
●酸素ボンベのこと、用意したほうがいいですか?って聞いたけど、
 今の状態では必須ではないとのこと。


いったいなんなんだよ~~~~~
地磁気の乱れによる影響説もあるが、地球の活動に連動するコトブキ君て
なんて壮大なの!!ってロマンを感じてる場合じゃなーい。
あたしが誰かに呪われてるとか。
なんかさー、明日の朝とかにへらへら起き上がって
「なーんちゃって!」とかやってくんないかな。
もうポジションなんて覚えなくてもいいし
ダンスもできなくてもいいから元気になってくれ。

今月は良いことよりも悪いことの方が多い。
父はがん再発で入院手術し、車はぶつけられるし、うちのスタッフ達の
愛犬愛猫が相次いで亡くなった。
猫ちゃんのほうは急に食欲がなくなって検査続けてるうちに一週間もたたない
うちに行ってしまった。死んでから病理の結果が届いたって・・・
ダックスちゃんは10歳で肺がん余命半年って言われてたのに
ヘルニアを再発しちゃってあっという間に行ってしまった。
どんだけ泣いてたことか・・・
みんな頼むからコトブキ君を守ってください。

フルルちゃんが元気いっぱい、食欲旺盛で可愛さ満点なのが救い(^^)






スポンサーサイト

Category - 健康が一番!

- 6 Comments

はなまま  

激励ありがとう

コメントくださったみなさま、
コトブキ君とはなままはがんばってます。
平常心を保ちつつ、再び極楽気分な日々を送れるようにね。
みなさまのご家族健康を切に願います。

2010/12/01 (Wed) 22:37 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/12/01 (Wed) 08:01 | REPLY |   

marine ママ  

ご無沙汰してます。

みんなで忘年会なんて考えていて、ブログのぞいたら、びっくりしました。

腹水なの?

本当に、うちもいろいろあったけど、コトブキ君の話きいて、なんとか普通に生活しています。

がんばってね。

愛犬が具合悪くなると、本当に、なにも手につかなくなるけど、回復すること祈ってますね。

2010/11/30 (Tue) 23:23 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/11/30 (Tue) 17:25 | REPLY |   

ミントキャンディ  

お久しぶりです

久しぶりにブログ覗いたら
ビックリ!!
コトブキ君どう?
病気に負けなようにね

はなままも看病頑張ってね

月並みな言葉しかかけられない
こんな自分が情けないけど

なんか、でも、辛い経験している我が家は
はなままの今の気持ち痛いほど
わかるよ!

ファイト♪

2010/11/30 (Tue) 15:37 | EDIT | REPLY |   

ぽ  

コトブキ殿 負けるな~~~
最強なはなままと、可愛いフルル姉さんがそばにいてくれるから、絶対大丈夫だ!
しかし、原因不明ってのは嫌だね…
はなままも体調管理をしっかりして、家族を守ってあげてくださいね

2010/11/30 (Tue) 08:02 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。