Welcome to my blog

平常心是極楽気分

Article page

スポンサーサイト

Category - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category - スポンサー広告

闘う男、コトブキ その14

Category - 健康が一番!
うーん、年度越えをしてしまったこのタイトル。
あけましておめでとうございます。本年もはなまま&フルル&コトブキへの
御贔屓のほどよろしくお願いいたします♪

すっかり元気を取り戻しておうちでハッピーにニューイヤーを過ごしているコトブキ君、
本当は明日の大学病院までに胸腔ドレーンは抜けているはずだったのにまだ入ったままです。
毎日毎日医療センターに通っています。

2回目の入院時の軽い手術(処置)であったデブリードマンとは、「感染、壊死組織を除去し創を
清浄化することで他の組織への影響を防ぐ外科処置」のこと。
胸の傷から染み出ていたのは胸水ではなくて胸筋の炎症による滲出液であったことが培養検査に
より分かった。これが厄介で薬剤耐性菌がでていてほとんどの抗生物質が効かない。
適応テストの一覧表をみせてもらったんだけどマイナス表示ばっかり。唯一合いそうな抗生剤は
お腹にきちゃったみたいで、退院2日目から腸に影響出ちゃってさあ大変、7種類のお薬に
さらにビオフェルミン追加で腸内環境を整えてきました。
食欲はまったく旺盛で朝昼晩のドライフードをがっつり食べてるんだけど、消化不良なのか
悲しいことに食糞が始まってしまった・・・排便後はすぐに片付けないとむしゃむしゃ、別に食べても
いいんだけどさー、ずっとつけっぱなしのカラーのふちについちゃって大変なのよ。


12/28(火) 夜の診察はナシでOK太鼓判押されてたけど、日付が変わった頃医療センターの
副院長から電話があった。「昼間の内容は聞いたし経過は良好だとのことだけど、今カルテみてたら
心配になった。コトブキ君今夜の調子はどうですか?」だって、優しい~♪
呼吸は落ち着いててスヤスヤ寝てるので大丈夫ですと答えたら、「急変したらいつでも電話して
ください、待機してますから」ですって。なんか心強いお言葉。


12/29(水)15:00 体重29.9Kg(;;)お腹がゆるい影響が出ちゃってて、10日あまりでさらに
3キロやせた。空気は20ccだけ抜けた、胸水および腹水は止まってる。ジョクソウの傷の回復を促すために
左側の後肢膝と腿を2箇所局所麻酔で切開し縫った。このほうがキレイに皮膚が再生されるそうだ。


12/30(木)12:30 ちょっと元気がない。微熱程度なんだが白血球が前日から増えてるのが気になる。
しかし抗生物質はこれ以上追加できないので様子をみることに。気胸は30ccしか抜けなかったが
これはドレーンの先端の位置がずれてしまっているので空気溜まりまで届かないということによる。
しかも心臓の位置がまた上がってしまって、レントゲンからは明らかに空気が増えているという。
振り出しに戻った(涙)。ドレーンがその意味をなさなくなってきたかもしれないので
大学病院の先生と連絡を取ってドレーン抜去して今後の処置は胸に針を刺すか検討するとのこと。


12/31(金)20:00 大晦日で人が大勢集まってた我家、コトブキ君もかなり興奮気味だったが
昼間から元気いっぱい。目つきがいいし動きも軽快だ。紅白開始でAYUだけ見てから出発、一曲歌って
移動するところはまるでAYUみたい(^^)v 医療センターもカウントダウンかぁ?と笑いながら到着したら
先に急患あり、獣医さんたち大忙しで本当に大変です。
コトブキ君は1時間まったあといつもの手順で。「今日はとても元気がいい」と伝えるとMU先生も
今まで姿を見た中で一番状態が良さそうだとおっしゃってた。
そして戻ってきて一言「不思議なんですけど気胸が消えました」
なんで~~~~?レントゲンの写真を確認すると心臓の位置は正しい位置にぴたりと収まり
画像もくっきり見えている。「F先生が何で気胸になったかわからないっておっしゃってたけど
今度は何で気胸が消えたかわかりません。あまりにも唐突なので、これはこれで心配なので
一日様子を見ましょう」とのこと。コトブキ君、2010年の最後の最後にマジック披露したか!?



 
明けて元旦20:00 MU先生に新年のご挨拶して質問タイム一発目は「毎日毎日レントゲン2枚ずつとって
被爆のリスクってどのくらいあるんでしょう?」ずっと胸にためてきたことだったので(まるで気胸ならぬ
悩胸だ・笑)するっと抜いてみた。がんの発生率が高まるリスクと現在の病態を治療するので秤にかけると
当然毎日のX線は重要な治療の一環であり、厚生労働省からの指針で検査によるX線照射は推奨されている
文言に照らせば許容範囲であるという。それいっちゃあ先生だって毎日コトブキ抱えて被爆してるから
(胸の技師バッヂ指し示しながら)リスクは一緒ですとおっしゃってた。
コトブキ君の調子は相変わらずいい。とても元気。気胸は50cc抜けて心臓の位置はちょっと上へ。
先生が笑って言うには今日コトブキは自分からレントゲン台に飛び乗ろうとしたんだって。これも初めて。
新しい年に跳躍したくなっちゃったのかな?
元気もあるし、空気は抜けないので2日は通院をお休みすることになった。


1/2(日) コトブキ君の完全オフデー!ころん一家も登場してフルルちゃんとともにおせち料理犬用。
0103-1
食欲旺盛なコトブキ君はフルルちゃんと競いながらバクバク食べて満足そうでした。
コトブキ君は野菜が嫌いで、フルルちゃんがおいしそうに食べるブロッコリーやにんじんやキャベツなんか
いつもつられて口に入れてから吐き出すのが常だったのに、なぜか今日はブロッコリーをパクパク、
おかわりなんか求めちゃって嗜好が変わったのかしら?


1/3(月)10:30 抜気490cc。胸水は完全に止まっていて本当ならドレーンを抜いてもいい時期だし
大学病院から医療センターへのオーダーは「時機を見てドレーン抜去してください」だったんだけど
結局できなくて、明日の大学病院受診の日になってしまった。
ジョクソウはかなり回復していて、あとはたくさん食べて体力と筋肉つけてお手入れを怠らなければ
当初の予想よりも早くきれいになるでしょうとのこと。

はなままも明日から冬休み。犬連れスキーでも行こうかと考えてたけど早々に諦めていたので
のんびりと治療に専念しますわ。
フルルちゃんは元旦の朝にシャンプーしてますますヘルシーな美しさを保っています。
0103-2
スポンサーサイト

Category - 健康が一番!

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。