Welcome to my blog

平常心是極楽気分

Article page

スポンサーサイト

Category - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category - スポンサー広告

闘う男、コトブキ その16

Category - 健康が一番!
どよーん×∞
気分転換にブログテンプレートを変えてみた。だからといって内容が面白くなる
わけでもなく。楽しい話題ないかね・・・文字列がずれちゃって段組悪いけど
仕方ないな。
なにもやる気が出ず本を読むのが精一杯、テレビもつける気になれない。
ミュージックも楽しくないけど、あとでツタヤでなんか漁ってこよう。


1/7(金)17:00 駐車スペースにきっちり車を入れてコトブキをおろしたら
先生たち走って迎えに来た。もう受け付けも通らないでスルーパスよ。
コトブキ君も疑問さえ持つ猶予もなくレントゲンに連れて行かれ、さらに
抜気にジョクソウお手入れ。F先生だけシリンジを手に診察室に現れた。
「すごく悪くはない。」
どういう解釈をすればいいですか?不安でいっぱいのはなまま、だって先生の
手にあるシリンジには胸水が30ml入ってるんだもん。
「命にかかわるレベルじゃないってことです。」
気胸は止まってる、相変わらず胸水が出てる。ステロイドと利尿剤お注射。
血液検査は良好、血球数は正常だし肝機能も腎機能も弱っていない。CRP値も正常。

エリザベスカラーが汚れちゃって一度しっかり洗いたいので代わりのものを
手作りした。Jマートに行って素材を吟味、ウレタンフォームは強度と張りを
求めると分厚くなっちゃうし薄いのだと型紙がとれない。すごく歩き回って
床剤をゲット。扇形にカットして首にあたる部分にはウールのマフラーを
ぐるりと貼った。ガムテでメガホン型に固定してとりあえず完成。
マジックテープを使えばいいじゃんと思われる向きもあろうがアレは首や耳の
毛を毟り取ってしまうのでNG素材なのだ。翌朝には父が鳩目を使って
紐で固定できるように工作してくれた。


1/8(土)16:00 コトブキを車から降ろした途端後方でF先生の声、ドアのところで
待ち構えている。コトブキ君嬉しそうに走って私を引っ張る。だめだめだめだめ~!
興奮して動いて空気や水が増量したら嫌だから一生懸命踏ん張って走らせないようにした。
休日なので院内はほとんど灯りがついてなくて担当のF先生と研修医さんとはなままだけ
の気配。診察室で本を読みながらじっと待つ。もう先月から何冊読破しただろう。
先生たちとコトブキが戻ってきた。「胸水は止まりました。気胸が治まらない。
はなままさんの手を借りてココでコトブキを横にして空気を全部抜いちゃいましょう。」
コトブキ君、診察慣れしちゃって抱えられて台に乗せるのも体をゆだねてる。
採血もお注射も包帯巻きなおすのもじっとして黙って耐えてる。早く開放してあげたい。
目の前で抜気70ccくらい。胸水と気胸が交互に起こるなんて普通のことなんですか?
「普通じゃない。この連休で気胸止まらなかったら開きましょう」先生の声も
なんとなく覚束ない感じ。
また手術ですか?もうやばいんですけど。こんな短期間のうちに何度も手術するなんて
よくないと思うんですけど。率直に言った。
「たしかに良くないです。出来ることなら本当にやりたくない。でもどう考えても
小さな洩れがどこかにあるとしか考えられないしいたちごっこは続けられない。ドレーン
も危険だし。」
ステロイドと利尿剤の注射を打って、お薬の補充をした。一度に13錠だよ・・・
困った困った、不機嫌を隠しながら通用口お帰り方面へ。出口で再び口を開いた。
1ヶ月半の間に何度も麻酔かけてコトブキはどうなるんですか?危険だと思うんですけど。
即答先生「推奨できることではない。危ないと思う。だから最短時間の最小量で
やる段取りつけますから。」

ちょっぴり渋滞。仕事車も多いけどなんかレジャーな車が目に入ると腹が立って
不安や悲しみが怒りに転化されちゃったような気分になった。負の感情が
車内に篭るとよくないので別のことをいろいろ考えた。
近々ナビのHDDを書き換えよう。それからミュージックを全部入れ替えよう。
スポンサーサイト

Category - 健康が一番!

- 1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/01/10 (Mon) 18:08 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。