Welcome to my blog

平常心是極楽気分

Article page

スポンサーサイト

Category - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category - スポンサー広告

バビル2世

Category - 未分類
世間の皆さま誰もがそうだと思うけど、このごろ眠りがとっても浅い。
2時半、4時、5時半、7時と90分ごとに目が覚めてしまうのは
レムノンレムサイクルがきっちりしてるってことだな。

で、先日眼覚めたときって自分の声で覚醒しちゃったんだけど
なぜか寝ながら「バビル2世」の主題歌を歌っていた。小声だと思うけど。
バビル2世なる超能力少年は、砂嵐に隠されてて中はコンピューターに
囲まれた塔に住んでいる。ロプロスとポセイドンとロデムがしもべだ。

なんとなく理由は察せられる。
まず第一に、「塔の上のラプンツェル」観たいから。この物語好きだった。
タワーつながりね。
それから第二には、原子炉制御室に通電!という話題で制御室の写真見たから。
バビルのコンピューターそっくり。




少し前のことであるが、3/17のコトブキの通院日に「コトブキの足が
弱っててフラフラしてねじれてるような気がするんです・・・」と
不安を先生に告げておいた。「筋力が落ちちゃってるからしかたない、
お散歩できるようになるまで安静保ってがんばって」とのことだった。

その3日後、右後肢を上げたまま突っ立ってるのを発見。
両親も「今日はなんだかびっこひいて歩いてるから怪我したのかな」って
おろおろしてた。腰から股関節から太腿から膝、腱、爪、パッド内側まで
じっくり触って観察したけど傷はない、痛がるそぶりもない。
だけどなんとなくおかしい。
お彼岸の連休で大学病院にも連絡できずマッサージして様子見。

連休明け火曜日(3/22)、朝おきてお庭でおトイレして居間に戻ってきたら
そのまま右足上げて佇んでる・・・もう絶対になにかおかしい。
すぐに大学病院のF先生に電話して、そっちに行くべきか近所の医療センターに
行くべきか相談した。大学病院は計画停電の予定が入ってるから
医療センターでレントゲンとってもらってと。
もう、困り果ててへの字顔になりながら医療センター。
周りの犬を刺激しないように隅っこの方をこそこそ歩いて受付したんだけど
一頭の犬が伸びるリードをスルスル伸ばしながら突進してきた。
来ないで!って叫んだから足元までは来なかったけど、コトブキ横っ跳び逃げた。
その途端、右足上がっちゃってずっとそのまま。。。歩くのも3本足だよ(涙)

問診とレントゲンでの所見は骨に異常なし。脊椎の間隔も股関節もきれい。
レントゲン台には飛び乗ろうとしてたから、そういう行動が筋肉落ちちゃった
体に負担がかかって神経を刺激してるのかもしれないですね、でも神経は
MRIとらなくちゃ分からないし、もう麻酔かけれないから安静第一です、
と言われた。鎮痛剤出してもいいがお薬飲みすぎてるからそれも控える。
あとはビタミン剤くらいだけど、それもちょっと控えとこう。・・・との診断。
ま、骨折やひびじゃないことが分かったのでまずは一安心。

F先生にはメールしといたんだけど、翌日電話あり、上記の診断を話したら
「木曜日に診るから安静保っといて」とのこと。
医療センターの待合室でが一番ひどい状態だったけど、その後は僅かに
びっこひいてる感じ。反対の左後肢が内側にねじれてるような気がする。
ねじれるのは勘弁してください!!とのことで本棚からTタッチの本を
出してきてマッサージマッサージ。

3/24(木)14:00 さっそく歩いてるところを見てもらって、それから皮膚科受診。
処置室のほうで、「あー足上がっちゃったよ!」とかって声が聞こえる。
えーん、痛いのかな?
胸のレントゲン撮って血液検査して、どちらもいつもと変わらず。
CRP値は0.00でどこにも炎症反応はない。つまり足も腰も炎症は起こしてないってこと。
どうしちゃったんだよ~と嘆くはなままにF先生は「症状からしたらココだなぁ」
ってしっぽの付け根を指さす。
アタシ「それってまさかバビィ~~~~~~?」泣きそうだ。
F先生「あ、知ってるんだ。だったら話早いや」
馬尾症候群(バビショウコウグン)の可能性である。
お友達のサンディちゃんが2年前にやって辛い手術に耐え腰にプレート埋めて
今では元気に復活してる。
アタシ「いや、もう勘弁してよ。そればっかりはホントに嫌です。
もうコトブキによる犬の病気大博覧会は終わりにしてほしいし、だいたい
アタシの育て方の何が悪くてこんなことになっちゃうんでしょう(;;)
スポーツだって他の子みたいに激しいのなんかやってないし、無理な動きなんか
してないはずだし。手術も本当にしたくありません!!」まくしたてた。

F先生的にはそれほど深刻な感じに見えなかったけど「MRI撮らないと
確定はできないし、でもCTよりも時間がかかくるからコトブキにはやりたくない。
本当に痛みが出ると叫び声あがっちゃうくらいだから、本当に初期の初期で
違和感を感じてるレベルじゃないか。激しい運動によるだけじゃなくて
筋力が衰えちゃったことによる老化現象としても発生するから、対策としては
安静とビタミンとグルコサミンだな。排便排尿に異常がでたらすぐ教えて」だそうで。
コトブキって我慢強いからホントに痛みを感じてないのかは心配。
ビタミンもグルコサミンもずっと飲ませてるからお薬処方なし。
もうすぐ皮膚科の治療が終わるからそしたら抗生剤が止まるし
胸水のステロイドもそろそろやめる方向にある。

お散歩は本当はまだ心配なんだけど、これ以上筋肉落ちたまま一日中丸まってる
わけにはいかない。10分なら歩いてもいい、20分は負担だからだめ。
・・・ということで、うちの周り1ブロックをゆっくりゆっくり、足を前に運ぶ練習。

お散歩再開の第一号の目的地はコトブキお気に入りのCaféパウ。
マスターに元気になった顔を見せて「おっちゃん、オレ来たぜ~」とすりすり。
行って帰ってくればほぼ10分でコトブキ的にも元気がでてよろしい。
(翌日お友達のパブ父から電話があって、昨日コトブキが歩いてるの見たよ!
よかったな~~~~♪ってほんと喜んでくれてた。)
ちなみにお散歩再開したあと5日間は右後肢を上げて立ちすくむことはなくなった。
わずかにびっこひいてるかな、歩くたびに肩首がかすかに上下してる。
あとはTタッチ。うろ覚えが多いので勉強しなくちゃ。

そんなこんなで一日中バビバビ悩んでるから夢なのかで歌ってたのかな。


スポンサーサイト

Category - 未分類

- 1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/03/29 (Tue) 14:06 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。