Welcome to my blog

平常心是極楽気分

Article page

スポンサーサイト

Category - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category - スポンサー広告

さよならパウ

Category - エンタの犬様
近所の犬飼いの憩いのCaféパウが閉店してしまうそうだ。
コトブキはパウが大好きで大好きで、生後1歳になるまでには
3回も、一人で、勝手にパウにいってしまったくらい。
ココに行けば大好きなお友達が待ってると思ってるのでしょうか。
0424-1

犬を家から脱走させてしまうなんてとっても恥じなことだけれども
あまりにも大ウケするネタ満載なので、いまだにマスターの口から
語り継がれている。飼い主なしで勝手に行く子は何頭かいるらしいが
三回もやるのはコトブキ優勝!口頭伝承する人がいなくなるのでここに書いとく。


※第1回目※
ある日の昼下がり、叔母が我が家に遊びに来た。自家用車で。
コトブキの存在は知っていたが、車を入れるための門の開け閉めは
コトブキ部屋の扉が閉まってるかどうか確認すること!っていう諸注意を怠った。
庭のあちこちにコトブキ係留場所があるんだけどそれも知らなかった。
がらがらーっと門を開け放ち、車を庭に突っ込んでるときに
コトブキは叔母の視界の中で颯爽と表に出て行った、、、そうだ。
一方のCaféパウではランチの客がひいてマスターが片づけしていた。
ガラス扉の外側にボルゾイがいる。飼い主が引っ張られて遅れて
やってくるのかと思えど姿は見えず、ロングリードかと考えども
そんな気配はない。扉を開けるとドッヒャーと飛び込んでくるボリショイ君。
大変だ、コトブキが脱走して来た!!、、、と焦ったそうだ。
その当時、マスターははなまま家の場所を知らず、はなまま携帯も知らず
途方に暮れ、常連のボルゾイオーナーさんに連絡とったそうだ。
はなままはサラリーマンで仕事中のためすぐ帰ってこれない、仕方ない、
家に連れ帰ってあげようと店においてあるリードをつけて
店を閉めてコトブキ宅の方へ向かったそうだ。
交差点を渡ったところで血相を変えた形相のオバサンとマスター遭遇。
オバサンいきなり「すみません、その犬と同じ犬見かけませんでしたか?」
マスターひらめいた!「これ、お宅の犬ですよ(爆)」


※第2回目※
はなまま出勤準備で朝風呂朝シャン中、弟が来た。これから海外出張なんで
車をしばらく置かせてくれと。で、がらがら~っと門を開け放したからさあ大変!
お天気良いから朝ごはんの後はお庭でうろうろしてるのが日課のコトブキ、
今日も爽快だぜっ!と外に飛び出してったらしい。
シャンプー中のはなまま、大騒ぎの声で泡なんか流してる場合じゃない。
慌ててバスタオル頭に巻いてTシャツと短パンの寝巻を着て
健康サンダルつっかけて走った先はCaféパウ。
やっぱりいた。
まだ開店準備中だったが、マスターは扉をオープンにしてゴミ出ししてたそうだ。
その場でコトブキをめったくそ怒ったが、「人間が悪い」と諭された。
ごもっとも・・・


※第3回目※
またまたはなまま勤務中で不在。コトブキ部屋はお庭にオープンになってた。
コトブキ部屋って本当に快適で昼間は光が満ち溢れ風がよく通りぬける。
父はよくコトブキを侍らせたまま読書なんかしてることが多い。
そこに義弟が荷物をとりにやってきた。車を庭に入れて、門をきっちり
、、、閉めなかったらしい。僅かなすき間からするっと抜け出してコトブキ脱走!
義弟「お、お、お義父さん!大変です!コトブキがぁぁぁ!」
父、のんびりと庭履きつっかけてリードを手にのんびり歩きだす。
義弟はおろおろ、都道にでたところできょろきょろ。公園の方へ歩き出すのを
父が制して交差点の方を指さす。(父はしゃべれないから手話かジェスチャー)
義弟は全速力で走ってセブンイレブンあたりでおろおろ、のんびりと歩いてきた
父が向い側のCaféパウを指さす。
お義父さんっ!こんな緊急時に喫茶店な場合じゃな~い!
はやく捕まえなきゃ!

と焦りまくるが、父はひょうひょうと交差点を渡りCaféパウに義弟を伴う。
いた。看板犬かのごとくいた。
マスターも慣れたもんで「また来た、首に小銭でも付けとけ」と。
犬Caféの存在を知らなかった義弟はびっくり腰を抜かしちゃって
ついでだから父と二人でお茶を飲み、のんびりとした午後を過ごしたそうな。


コトブキ邸からCaféパウまではおよそ300m、ブロック的には斜めなんだけど
大きな通りを渡る(というか交差点を超える)という難所がある。
ホント事故がなかったから笑って話せることなんだけど、その場に居合わせた
ドライバーや通行人たちは冷や汗かいちゃったことでしょう、ごめんなさい。

ちなみに、こんな出来事が続いたのは1歳までの間で、その後だれもが
慎重になったのと、コトブキが賢くなったのでこのような事件は起きていない。
最近では門がフルオープンになっててもソファから降りてこない。
それはそれで寂しいもので、ちょっとぐらいドキドキさせてくれてもいいのに
と思ったりもするのである。

パウがなくなっちゃうのは本当にさみしい。犬の寿命とかを考えると
オープンから一世代がまわった感じだろう。
閉店前に行ける日が限られてるからコトブキもお別れに行って来た。
そこにいた犬犬たちと快気祝いやってもらったよ。








4/21(木)14:00 仕上げのために局所麻酔でまたジョクソウの傷を開いて縫った。
肉が表面まで盛り上がって、一部は盛り上がりすぎて肉芽になっていたから
その部分を切除したのだ。我慢強いぞ。抗生物質お注射一本。
調子よさそうなので、またステロイドを止めることにした。
よく様子をみて、もしも具合悪そうだったら適宜飲ませる。1週間がんばれ。

スポンサーサイト

Category - エンタの犬様

- 2 Comments

はなまま  

め~め~ママ さんへ

もう恥ずかしいったらありゃしないけどおかしいでしょ~
私が知らない間のことは、マスターや義弟が
臨場感たっぷりに面白く話してくれるから
爆笑ものなのよ。

コトブキのお散歩は夜中でも車が通らない道でも
絶対に横断歩道を渡り、
信号を守って「赤」とか「青」とか教え続けてるのv-426

2011/04/26 (Tue) 10:11 | EDIT | REPLY |   

め~め~ママ  

No title

読んでて、涙出ちゃったよ、おなかもよじれたよ
特に、第1回目のくだりのあたり
あと、第3回目、サテンどころか、だよね~

横断歩道を渡ったのかな?
信号は?
そんな心配をよそに、吹き出しちゃったよ

2011/04/25 (Mon) 19:10 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。