Welcome to my blog

平常心是極楽気分

Article page

スポンサーサイト

Category - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category - スポンサー広告

分娩ディングマシーン

Category - 迷妄与太話
3
Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - 柳沢厚労相 女性を「出産する機械」とも例える発言

この話題に関するクチコミ(55件)を見る

話題の.jp





かつてテツローは,
機械の身体が欲しいと旅に出た。

-*-*-*-*-*-
いま日本の女たちは、
厚生労働省という名の健全なる日本人育むための管理機構の
偉い人から「君たちは機械だからわざわざ銀河の旅に出なくていいんだよ。
努力して子供さえたくさん産めば安住の地が約束されてるんですよ」と
精神的分娩促進剤打たれている。


へえ、厚労大臣、そんなこと思ってるんだ!
むかつく前に、このお方の浅はかな男性性を大笑いしてしまった。
えら~~~い人なのに、ついうっかり本音が漏れちゃったんだ、
おもらしマン(爆

謝っても辞任しないって椅子にしがみついてるけど、果たして国民はいかに。
アタシ、その辺の中途半端なオトコよりたくさん税金払ってるし、
関係ないかもしれんが厚生年金だってびっくりしちゃう金額毎月天引きされている。

ええ、決して大臣の望むような産出量豊富な機械ではございません。
潤滑油さえもう何年も切らして埃かぶって放置です。
ほんとにすみませんねぇ。
毎年出生率の数値が低下したという報道に敏感になり、
「まことに申し訳ございません」とどこへともなく謝っている私に、
よくも塩撒いてくれたなオッサンよ~。

自分で子供産めないから、その分よりよい環境を次世代に残そうと、
ささやかながら努力している善良な私によくもよくも、、憤怒!
そんな私のささやかな貢献が、あのような厚顔無恥な政治家に布施てるかと
思うと、働きたくもなくなるわけだし、あわよくば脱税してやろうという気にもなる。


-*-*-*-*-*-
30年来の愛読書「パタリロ」では産めないキャラクターが多く登場する。
動力源が原子力であるプラズマと同じくロボットの嫁アフロ18との間に
二人の子供ができた。彼らは機械の身体をもっているが、人間同様の
感情を存分に持ち合わせている。
パタリロは彼らのために人工知能を移植したりとかして子供ロボットを作った。
娘の名はプララなんだが、息子の名前が思い出せない・・・

稀代の下半身無節操男バンコランの愛人マライヒは男だが、
処女解任というテーマで子供フィガロを産んだ。


何が言いたいかといえば意味不明なんだけど、
パタリロは決して出産を軽視してるわけじゃなく、
母体(性別/物体)問わず必要なところに愛をもって
ベビーを産み出してるってことだ。


-*-*-*-*-*-
仮面ライダーは人造人間で半分機械の身体を自己卑下しながら
悪と戦っている。地球の平和を守るため。
あの厚労大臣なる下衆なオッサンは、機械の母体に対して
ショッカーをたくさん生み出せ、そうすれば働く人口どんどん増えて
少子化対策ばっちり達成!と意気込んでるようにしか見えない。


このごろ一言モノ申したいようなことばかり世間にはびこっている。
怒りんぼになってしわしわになりたくないから、なるべく笑って流すように
心がけているんだけど、さすがにオッサンの発言は笑い流せなかった。
ま、今年の流行語大賞にでもノミネートされて、年末にもう一発
笑かしてくれるだろうと、一刻も早い辞任を願うばかりである。

スポンサーサイト

Category - 迷妄与太話

- 2 Comments

すと@ブログ支援  

こんにちは^^

すとです。

また遊びにきました~♪

最近また風邪が流行ってきたみたいなので
気をつけてくださいね~><
私の周りでは、3人ほどひいてます(^^;

私が作ったコメント支援ツールが大幅機能アップしたので
無料版作ってみました。
使い勝手などまだまだ改善したいので
是非感想お願いします><

また拝見させてもらいにきますね^^

お互い頑張りましょう~♪

2007/02/06 (Tue) 11:03 | REPLY |   

すと@ブログ支援  

はじめまして^^

すと と申します。

ブログアフィリエイトの支援サイトをはじめたので
ご挨拶周りさせていただいてます~♪

まだまだ情報は少ないサイトですが、
よろしくお願いします^^

また、ゆっくり拝見させて頂きに参ります~^^

2007/02/04 (Sun) 13:49 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。